玄米酵素

酵素効果!もっと知りたい!

> 玄米酵素の特徴について
酵素効果!もっと知りたい!

玄米酵素の特徴について

玄米酵素とは玄米・胚芽・表皮とカルシウムを麹菌によって発酵させ、
大豆を加えたバランスの良い健康補助食品です。
生の大豆は消化の良いものではありませんが、
発酵させると消化、吸収がよく栄養価の高い食品へと変化します。

玄米酵素について

同じく玄米酵素も発酵することで酵素が生まれ、
アミノ酸やビタミンB群なども大幅に増えます。
そもそも酵素とは、たんぱく質の一種で、消化、吸収、燃焼、排泄など
体が動くために必要不可欠で、でんぷんや脂肪を分解するようなものもあれば、
骨を作るのを助けたり、肝臓や腎臓に働きかけるもの、
呼吸やホルモンの分泌、神経伝達などに作用するものもあります。

しかし体内の酵素量は20歳前後をピークに減少を始めるので、
毎日の食事で補っていく必要があることがわかっています。
食事の欧米化や加工食品の増加などにより、酵素が不足しがちになります。
また酵素は生の食品に多く含まれていますが、
熱に弱く、加熱することで失われてしまいます。

環境汚染やストレス、生活習慣の乱れなども酵素を消耗させる大きな要因です。そ
のため新鮮な生の食品や、発酵食品など酵素の多い食品を多く摂る必要があります。
味噌、納豆、漬物などの発酵食品にはさまざまな微生物が作る酵素が
たくさん含まれています。

玄米酵素は熱に強い

中でも玄米酵素は胚芽部分に多く含まれており、
他の酵素に比べて熱に強いのが特徴です。
取り入れ方としては、玄米と大豆を一緒に炊いて3日間以上保温し続けて発酵させ、
酵素の働きを活性化させてから食べます。
炊飯器で玄米酵素が発酵をする間、ぬか床と同じように1日1回混ぜなければ
ならないので、雑菌が侵入しないように注意することが必要となります。
玄米酵素には食物繊維が豊富なので腸を綺麗にしたり、血液をさらさらにし、
免疫を高める効果もあります。

玄米酵素は活性酵素を除去するSOD酵素が多く含まれる

また、紫外線や喫煙、ストレスなどで体の老化を進ませる活性酸素が
体内に蓄積されやすくなるのですが、それを除去するSOD酵素という抗酸化物質が
玄米酵素には大変多く含まれており、がんの予防の効果があるとも言われています。
玄米酵素は健康維持や美容の面からもとても注目されています。

COPYRIGHT© 2013 酵素効果!もっと知りたい! ALL RIGHTS RESERVED.